日本語教師として働く場合、国内で働くケースと海外で働くケースでは働き方が異なります。
それぞれメリットもあればデメリットもあるので、就職する前に把握しておきましょう。
では、それぞれどのような働き方になるのか紹介していきます。

日本語教師の国内の働き方

国内で日本語教師として働く場合は、外国人対象の語学学校での求人が最も多くなっています。
そして外国人が多く住む地域に求人は偏る傾向があり、首都圏や大学近辺、政令指定都市などが外国人の受け入れが多い地域です。あまり地方になると外国人労働者や外国人の留学生は集まりませんから、もしあなたが地方に住んでいて地元で日本語教師として働きたいと思っているのであれば、語学学校では難しいかもしれません。
ですが近年オンラインレッスンの利用者が増加しています。
オンラインレッスンであれば、ネット環境が整っていれば、どこからでもレッスンをする事が可能です。
在宅ワークの新しい形となっていくかもしれません。
日本語教師の場合は、キャリアが重要視されます。
資格を取得していても、未経験者であれば条件がいい求人に対しては採用が難しくなってしまいます。
そのためまずは資格を取得し、非正規社員でも構わないのでキャリアを積んでいきましょう。
ただし、。ボランティアもいい経験になる事は事実ですが、ボランティアは実務経験にはみなされないケースが多いので、非正規社員として働く事をおススメします。

日本語教師の海外での働き方

実は国内の日本語教師は、非正規社員の短期採用が多いのが特徴です。
これは外国人が日本語を習得するために、短期集中コースを受講するケースが多いため、契約も3ヶ月契約のところが多くなっています。3ヶ月ごとに就職活動をするのは大変ですし、生活も安定しません。
長期間働きたいと思うのであれば、海外で日本語教師として働く方が長期採用されやすいと言えるでしょう。
またキャリアを積むという点でも、海外で日本語教師としての経験があるという事はプラスに働きます。
ただし、海外と一言でいっても、働く国によってそれぞれ条件が大きく異なります。
治安や物価、給与などもそうですし、文化や生活習慣も大きく違ってきます。
また労働ビザの条件なども国によって変わります。
まずはどこの国が自分によって働きやすい環境なのか、よく調べた上で働く国を決めるといいでしょう。

関連する記事