日本語教師になるために、勉強をし無事に資格を取得したとしましょう。
では次は就職活動となりますが、日本語教師の求人は一般の求人とは大きく異なる点がいくつもあります。
なので、日本語教師の特徴についてまずは理解しておきましょう。

日本語教師の求人の特徴

日本語教師の求人で目立つのは、短期間の求人が多いという点です。
例えば日本に仕事のために来日している外国人の場合、何年もかけて日本語を習得するという事はありません。
とりあえず日常生活に必要な最低限の日本語のスキルを身に着けて、後は日本に住みながら徐々に習得していけばいい、そんなふうに考える人が多いからです。
そのため3ヶ月の集中講義というコースが多く、その講義内容に合わせて日本語教師も3ヶ月の短期間の求人となる訳です。
そして当然3ヶ月ですから、正規社員としての契約ではなく非正規社員としての契約となります。
なので給与も少ない事を覚悟しておく必要があります。
ただ、資格を取得しても未経験な状態では、正規社員の仕事を見つける事は難しく、非正規社員で経験を積んでキャリアアップを狙っていくしかありません。

勤務先が海外であれば長期雇用は可能

ただ、勤務先が海外であれば求人事情も変化してきます。
短期ではなく、長期雇用の方が多くなるでしょう。
その理由は、日本国内では日本語を話せる人、日本語教師として働きたい人は大勢いるので求人をすれば多くの人が応募してきます。しかし海外で日本語教師として働きたいと思っている人の数は少なくなるため、長期雇用で人員を確保するという訳です。
確かに長期雇用の方が生活は安定するかもしれません。
ですが給与面に関しては、海外で日本語教師の収入は低く、日本円で月収が5〜10万円程度となっています。
なので、国内でも海外でも日本語教師で高収入を得ようと思ったら、キャリアを積んで条件のいい環境で働くしか方法がありません。

関連する記事